月とあなたと音楽と♪ 〜 1 / f yumi L@b〜

星占い★タロット★心のしくみで、あなた本来の最高の恋愛と人生を🎵

うんこのついた手で助けちゃう ー助けたい症候群

自己否定があったり、無価値感があったりすると、

同じ痛みを持っている人を、ピピピッとアンテナでキャッチして、甲斐甲斐しく助けてあげたり、

こうするといいよー、あーするといいよー、と、世話を焼きたくなったりする心理があります。

 

助けたい症候群

これは、

相手のケアをすることによって、自分の痛みを見ることから目を背けていたり、

「まったくわたしは、そんなことでは傷ついたりしてないよー」って、

自分の問題や、「わたしも助かりたい」って言う気持ちを、ずーっと高い棚の上に、「よいしょっ」ってあげている状態です。

 

相手を思いやる気持ちが強かったり、優しい人であったりすればするほど、同じ痛みに敏感ですから、自分のことは棚に上げて、そのアンテナでつらそうな人をキャッチして、優しくケアしてしまうんです。

 

でも本当は、相手をケアすることによって、自分に向き合うことから逃げている状態です。

そして、そのケアをしている相手を、「わたしよりもかわいそうな人」に仕立て上げているとも言えます。

 

『 わたしよりもかわいそうな人 > わたしはそこまで不幸じゃない 』

という図式が出来上がると言うわけです。

 

要するに、人の痛みを見る暇があったら、自分のケアをしなきゃでしょ、と言うのを、

以前通ってた、大きくてちょっとエッチな心理学の先生が、

 

「うんこのついた手で、助けようとしてる。」って例えたんです。

( ̄∇ ̄)

 

うんこのついた手・・・

 

まずはちゃんと自分に向かって自分を癒すことから

自分に向き合うのが、辛い時、ついつい他の人のことをかまったりします。

かまわないとしても、外の世界や、他の人に怒りが発生してきたり、現実から逃げたりしてしまいます。

(逃避行為や依存症)

 

自分の眼の前に現れていることは、自分の内面の現れです。
(※ここはまだちゃんと勉強できてない、量子力学の部分なので、ちょっと勉強してまたアップします)

 

ひとは見たいように見て、聞きたいように聞いてしまいます。

 

必要以上に、人のことが心配になったりかまってあげたくなっちゃう人は、

一度、

「助けたい症候群」ではないか?

自分の中に助けたい人と同じ傷がないか?

自分の無価値感からではないか?

 

など、自分に向き合って見ることが大事だと思います。

 

そして、何より、

まずは、自分を癒すこと、自分に向き合うことがすごく大事です。

これ、「自己受容」です!

また自己受容についてもお話ししますね♪

f:id:yumiring3131:20180505005439j:plain

 

で、お手手をキレイにしてから(ちゃんと自分に向き合ってから)、ほかの人に手を差し伸べるようしたいと思います!!(笑)