月とあなたと音楽と♪ 〜 1 / f yumi L@b〜

星占い★タロット★心のしくみで、あなた本来の最高の恋愛と人生を🎵

忘れたくない昔の彼

忘れられない恋がある。

忘れちゃいけない恋がある。

by サントリーゴールド (嘘)

 

こうちゃんと知り合ったのは、パチンコ屋さん。

 

友達以上、恋人未満の男の子に、初めて連れて行かれたパチンコ屋さんで、ビギナーズラックを迎えて、楽しくって何度も連れてってもらってた。

 

女の子は珍しいので、店員さんに覚えられちゃって、両替してる時に

『今日は勝ってますか?』

なんて聞かれちゃったりして恥ずかしかったけど、1人じゃないから安心だった。

 

しばらくして、1人でも行けるようになっちゃって、遊んでたら、いつもの店員のお兄さんに、

『今日は彼氏さんと一緒じゃないんですか?』って聞かれた。

彼氏じゃないけど、

「今日は1人です」って笑って言っといた。

 

しばらくして、お兄さんが近くに来て、足元でなんか拾って、

 『落としましたよ』って、紙を渡された。タバコのカートンのケースをメモにしたやつ。

「わたしのじゃないですよ」って言ったら、

『いえ、あなたのですよ』ってww

the、電話番号。

 

こんな声のかけられかたは初めてだったし、彼氏いると思ってるだろうし、

なんか、勇気あるなぁって、めっちゃ心が動いた。

でもなんか、ナンパ無理。と思って、お兄さん捕まえて

「お返しします」って言ったら、

『電話欲しいんです』と。

「彼氏いるの知ってますよね」って言ったら、

『それでも電話欲しいんです』と。

 

『じゃあ、今日、勝ったら電話ください』と。

 

大勝ちしたりするし。

正直者で小心者のわたしに、電話をしないという選択肢はなく、お兄さんに電話をした。

しゃべると優しくて楽しい人柄に安心して、お付き合いをすることにしたんだけど、

 

優しくて楽しかったけど、、、惚れきれなかった。

 

そうなるとわたしの最悪の性格がババババーンと前面に出てしまって、ワガママの最悪女になってしまったり。

優しくって怒んないから、ワガママ言い放題で、本当にごめんなさい。
そんなワガママにも、こうちゃんはいつも優しかった。ヤツはいつも自分で『だって背中に羽がはえてるでしょ?』って笑わせてくれた。

 

そんな彼は、スリムで筋肉質で、ジーンズの似合う素敵なスタイルだったんだけど、『手』だけでかくて指太くて、グローブみたい。

「誰の手?」みたいな。

 

その不思議なお手手の生命線は、とーっても短く、「ヤバイヤバイ、書こう書こう」って笑ってた。

 

わたしはいつも、なんかつらいことがあったり、やなことがあったりすると、すぐ「もう死んじゃうかも」「もう死ぬ」って言ってたけど、彼はいつも

『すぐ死ぬって言うヤツに限って、長生きするもんね』って笑ってた。

 

「だったらこうちゃんも、死ぬ死ぬ言っててよ」とか言って、2人で笑ってた。

 

その後、わたしは彼に対して、史上最悪の裏切り方をするんだけど、別れてからも新しい彼と上手くいかなくなったら、こうちゃんに電話した。

だいたい3ヶ月置きぐらいに電話しちゃうから、

『忘れた頃にかけてくるひどい女、3ヶ月女』 とか言われた。

 

そんなこうちゃんは、家族の都合で福岡を離れて、東京に行ってしまった。

もう会うことはないと思ってたんだけど、わたしが東京(というか千葉だけど)に来ることになった。

 

久しぶりに電話したら、

『なにまたケンカしたの?』 と言われた。

「こうちゃんいまどこ?」

『東京だけど』

「東京のどこ?」

『え?言ってわかるの?』

「いいからどこ?」

『一之江ってとこだけど』

「わたし船橋。今から会わない?」

すぐに来てくれた。

 

ごはん食べて、いろいろ話して、それからもたくさん遊んだ。

 

ある日の夜、ごはん食べてこうちゃん家まで歩いてるとき、すごい疲れちゃって、「こうちゃん、おんぶしてよ」って言った。こうちゃんは、ちょっとさみしそうに笑って、

『もう、あなたは俺のお姫様じゃないからねー、だから神様じゃなくなったんだよねー』って。

 

なにそれ、めっちゃさみしいやん。

でもこれが、本当。

少し距離をおかなきゃなーって思った。

そうこうしてる間に、一緒にスノーボードに行ったときに大ケンカして、口もきかず帰って来て、それからぷっつりと連絡が途絶えた。

どうせどこかで元気に暮らしてるし、彼女できたかもしれないし、結婚してるかもしれないしって、ずっと思ってた。

 

でも、ある朝出勤前に、テレビを見ないわたしが唯一見るテレビ番組だったズームイン朝を見てたところ、首都高速でバイクの事故があったってニュースが流れてた。お弁当作りながらだったので、後ろ手に見てたら、亡くなったのは〇〇浩一さん(3◯)と縦にテロップが出てた。年齢の一の位は、観葉植物の葉っぱで隠れていて、見えなかったけど、昔からこうちゃんの名前は、石を投げたらあたるよね、とか言って笑ってたくらいよくある名前。他人でしょ、って、気にしないで出勤した。

 

でも、おかしなことに、その数日前から、何度かこうちゃんに似た人を見ることがあって、その度にドキってしてた。久しぶりにあうのに、疲れた顔してないかな、ブスだったらやだなとか。。w

でももちろん赤の他人。よく見るな~くらいにしか思ってなかった。

 

出勤するまで気にしてなかったんだけど、急に気になって仕事中にネットでニュース検索したら、

…こうちゃんだった。

 

なんとか、会社の方や新聞社の方、警察の方、友人のご協力により、最期にこうちゃんに会うことができた。

 

お母さんはわたしに、

「あんたがいつも見らんテレビで見つけたとは、こうちゃんが、最期にあんたに会いたがっとうとよ。お葬式にいってきなさい」って言ってくれた。本当にそうだと思う。

 

 

恋愛を語るには、大人の恋を語るには、24才と25才の恋は、まだまだあまちゃんだったかもしれない。

 

でも、こうちゃんの愛は、彼なりに、そして25才なりにとても大きく、とても優しく、そしてたっぷり愛してくれたのだと思う。

 

わたしはこうちゃんのことでは、そんなに大泣きしなかった。まだどこかにいる気がするのも本音だし、ひどいことしたわたしが大泣きするのもなんだし、、、とか思ってたし。

 

でもそんなの関係なくて、わたしはちゃんとあの大きいこうちゃんの愛情を、ちゃんとしっかり受けとってよかったんだな、受けとらなきゃなって思った。

 

もう会えないけど、なんだか知らないけど忘れた頃に現れるよく似た人(笑)

 

『あなたはしあわせになっていいんだよ』って言われてる気がする。

ちゃんとしあわせじゃなきゃ怒られる気がする。

 

 

わたしたちは、愛されるのにふさわしいのです。

こうちゃんからもらった愛を、たくさんみんなに還元していきたいです。
そして、こうちゃんとのステキな恋を、胸の奥の記憶だけにしておくのはもったいないのです。

f:id:yumiring3131:20180503000052j:plain

先週、またこうちゃんに似た人を見かけて、泣きながら歩いて帰ったので、したためてみました。

 

***

過去のブログからのお引っ越しでした♪